2012年9月17日: 鋸山

家を9時20分ころ出発して山頂に到着したのは10時20分過ぎ。こんな近場で、この眺望が拝めるとは、意外でした。対岸は横須賀、中央に見える港が金谷港です。
浦賀水道を航行中の船は、液化天然ガスを運ぶタンカーでしょうか?

2012年9月17日: 鋸山・日本寺

鋸山の南西斜面には、日本寺の大仏様が鎮座しています。
この大仏は、江戸時代に建立され、昭和40年ころ、長年に渡り破損したままの状態であったものを復元したとのことです。奈良や鎌倉の大仏様とは異なり、凝灰質砂岩を削って造られ、色合いもセメントみたいで、重厚観に欠けます。

2012年9月17日:浜金谷・フェリー

横須賀から到着したフェリーは、狭い港湾内で180°方向転換して後を右端に見える車の搭乗施設に接岸します。見事な操船技術です。