2011年1月2日:

わが母校、山口県立宇部高等学校のサッカーが、全国大会に県代表として出場となりました。どちらかと言うと、文武の武には弱い母校の快挙とあっては、応援に行かない訳にはいきません。写真の上部は、応援団に手渡された応援グッズの タオルマフラーです。これを首に巻いて、声を上げて応援したのですが、結果は、残念ながらの1対3というスコアでした。
それでも、山口弁が飛び交う応援団の中で、大声を上げるという感覚は、忘れかけていた感覚でした。選手の皆さんありがとう!